声優になるには?

声優になるのは難しいの? なれる確率は?

 声優になるのは難しいのでしょうか? いえ、全然難しくありません。「私は声優です」というだけなら確率100%。資格があるわけでもなく誰でもなれます。ただ、仕事としてやっていけるか・食べていけるかどうかは全く別の話。基本的に声優は自営業ですから、仕事がなければ給料をもらえません。声優の事務所に所属できたとしても、あくまで所属するだけで事務所に就職するわけではないので、基本的には仕事がなければお金をもらえないのです。

 と言って、声優になるのが夢だというのに何も行動しなければ声優になれる確率・可能性は0%のままです。もしコネも手段も無いなら、まずは有力な声優の養成所・研究所の資料請求(パンフレット請求)をしてみましょう。声優の仕事内容や声優になるための勉強方法、声優養成所(研究所)のカリキュラム、勉強時間やコース、受講に必要な金額(費用)等がわかると思います。


↑日ナレ 無料資料請求↑

声優の仕事はあるの?

 日本ナレーション演技研究所(日ナレ)講師の方から直接聞いたのですが、声優の仕事は「思っているよりはある」との話でした。もちろん、人気アニメシリーズでの声優出演とか、有名スタジオ・制作会社のアニメに出られるとか、そうなってくるとハードルは高くなりますが、声優の仕事自体は意外と存在するようです。

 例えば、ナレーションの仕事。テレビではなく、スーパーマーケットなどの店舗や、街の中でたまに聞く宣伝などのCMナレーションです。こういった仕事も声優事務所にオファーがきて、若手声優からベテラン声優までたくさんの声優が仕事をしています。

 もう1つは、海外の映画やドラマ、バラエティー、通販CMなどのアフレコ(アテレコ)。これも、地上波TVなどで放送している番組への出演は人気・中堅声優の仕事となりますが、最近はBS・CS放送やネット放送で大量の海外制作番組が流されていて、それにアフレコする声優の仕事も少なくないという話でした。

 ただ、声優はとても人気がある職業で志望者や若手・新人声優も非常に多く、特にアニメ出演などの仕事は争奪戦になっているのも事実です。まず、職業としての声優の仕事がどんなものか、確認しておくのがよいでしょう

日本ナレーション演技研究所・無料資料請求